ネットで自転車を購入したときに防犯登録はどうする?




ネットで自転車を購入しようとしたときに気になるのが、「防犯登録」の手続きです。

自転車を所有する場合には、「自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律」に基づき、登録が義務付けられています。

未登録でも罰則はありませんが、盗難に遭ったときのことを考えて登録しておいたほうが良いでしょう。

店舗で自転車を購入したときには、その場で防犯登録をしてもらえます。では、ネットで購入した場合はどうなるのでしょうか。

 

Amazonでは防犯登録を行っていない

ネットで買い物をしようとしてまず思いつくのが、Amazonという人は多いのではないでしょうか。実際、Amazonにも多数の自転車が出品されています。

しかし、Amazonでは自転車の防犯登録を行っていません。

Amazon.co.jp ヘルプ&カスタマーサービス
自転車について

防犯登録について
Amazon.co.jp では防犯登録の受付は承っておりません。防犯登録は各都道府県の自転車商防犯協力会にお問い合わせください。またAmazon.co.jp では「自転車防犯ステッカー」を販売しておりませんので、ご希望のお客様は最寄りの自転車販売店にご相談ください。

なお、商品には販売証明書は同梱されておりません。防犯登録などの際に販売証明書がご入用の場合は、ご注文番号および車体番号(一般的に自転車のフレーム下部に刻印されています)をお手元にご用意のうえ、こちらよりご連絡ください。なお、出品者からご購入いただいた商品の場合、Amazon.co.jpでは販売証明書を発行できませんので、出品者までご相談ください。

Amazon以外のネットショップでも、中には防犯登録に対応しているところがあるようですが、基本的には未対応と考えたほうがいいようです。

防犯登録に対応していないネットショップで自転車を購入した場合は、購入者が防犯登録をする必要があります。

防犯登録に必要なもの
自転車本体
販売証明書保証書販売店名商品名車体番号などが全て明記されているもの)
公的機関発行の身分証明書運転免許証健康保険証など)
外国国籍の方は外国人登録証明書
登録料500~600円(都道府県による)

販売証明書がなくても保証書があれば大丈夫なようですが、なるべくなら購入時に販売証明書をもらっておきましょう。

 

どこで防犯登録ができるのか

自転車防犯登録所」の看板を掲げてある、自転車店やホームセンターで手続きをしてもらえます。

自転車防犯登録所」の看板がなくても自転車を売っている店舗なら防犯登録に対応しているはずなので、可能か問い合わせてみましょう。

中には他店で購入した自転車の登録は拒否される場合があるようです。何件か店を回る必要があるかもしれません。

 

防犯登録には有効期限がある

防犯登録は一旦行えば永久に有効なわけではなく、有効期限があります。

都道府県により変わりますが、7~10年で期限が切れます。ちなみに東京都では10年です。

同じ自転車に10年も乗るケースは少ないでしょうが、もし防犯登録の期限が過ぎた場合は再登録が必要になります。

 

自転車の防犯登録について詳しいことを知りたい場合は

各都道府県に自転車商防犯協力会サイトがあります。サーチエンジンで検索するとヒットします。

サイトには登録に必要な情報や必要事項が記載されています。

東京都のサイト
東京都自転車商防犯協力会

サイト内では販売証明書のPDFがダウンロードできるところもあります。
必要事項を記入して登録に使用することができます。