Firefox Quantumで、ブックマークが「他のブックマーク」に入れられてしまうときの対処法

バージョンアップするたびに果てしなく動作が重くなっていくように感じられたFirefox。

googleの検索候補でも、「Firefox 重い」と表示されてしまう始末。

そのため、最新バージョンを使うのをためらうほどです。
いいかげん、使い続けることに限界を感じていました。

そこへ登場したのがバージョンの58の「Firefox Quantum」。

高速化したという噂には何度も騙されています。実際は重くなる一方でしたから。

しかし、藁にもすがる思いで導入したところ、「軽い!」。

それまでにあった動作が重すぎるという不満が一気に解消されました。

使えなくなったアドオンがあり多少の不満はありますが、軽快な動作には代えられません。

しかし、ひとつだけガマンのならないことがありました。

ブックマークがデフォルトで「他のブックマーク」に分類されるようになったのです。

そもそも、なにが「他」なのかわかりません。

以前のバージョンのように、デフォルトでブックマークメニューに入れたいときには余計な機能です。

デフォルトのブックマーク先を変更できるアドオンがあった

その名は、Default Bookmark Folder

入手はこちらから。

表示されたサイトで、「Firefox へ追加」をクリックしてインストールします。

設定方法

ブラウザの、ツールアドオンからアドオンマネージャーを表示。

拡張機能からアドオン一覧を表示。

Default Bookmark Folder設定を選択します。

設定画面でタブを Firefox built-in bookmarking に切り替えます。

・通常のブックマークの設定
Select where new bookmarks will be added:
ブックマークメニューに切り替えます。

Add new bookmarks to the top of the selected folder
※これを有効にすると、ブックマークが一覧の上部に追加されます。
無効にすると、従来のように一覧の下部に追加されます。

・すべてのタブをフォルダにブックマークを設定
(ブックマークをする場合は、ctrl + shift + D で可能です)
Select where new “Bookmark All Tabs…” folders will be added:
ブックマークメニューに切り替えます。

Add new “Bookmark All Tabs…” folders to the top of the selected folder
※これを有効にすると、ブックマークが一覧の上部に追加されます。
無効にすると、従来のように一覧の下部に追加されます。
 ↑不具合なのか、有効・無効にかかわらず下部に追加されます。

ブックマーク先のデフォルト設定を変えたいという人はやってみてください。