Mozilla Firefox 57 以上で、ブックマークが「他のブックマーク」に分類されてしまうときの対処法




バージョンアップするたびに動作が重くなっていった Mozilla Firefox ですが、バージョン57から「Firefox Quantum」となり、劇的に改善されました。

しかし、有用なアドオンが使えなくなったり、使用感が変わったものがありました。

そのひとつがブックマークです。

これまでとは違い、ブックマークがデフォルトで「他のブックマーク」に分類されるようになりました。

以前のように「ブックマークメニュー」に入れたい場合は余計な手間がかかり不便です。

 

デフォルトのブックマーク先を変更できるアドオン

アドオンの「Default Bookmark Folder」を使用することで、デフォルトのブックマーク先を設定することができます。

入手はこちら (Add-ons for Firefox) から。

表示されたページの「Firefox へ追加」をクリックしてインストールします。

 

設定方法

ブラウザの、ツールアドオン から「アドオンマネージャー」を表示。

拡張機能」からアドオン一覧を表示。

Default Bookmark Folder」の「設定」を選択します。

設定画面でタブを「Firefox built-in bookmarking」に切り替えます。

・通常のブックマークの設定
Select where new bookmarks will be added:
ブックマークメニュー」に切り替えます。

Add new bookmarks to the top of the selected folder
※これを有効にすると、ブックマークが一覧の上部に追加されます。
無効にすると、従来のように一覧の下部に追加されます。

・すべてのタブをフォルダにブックマークを設定
(ブックマークをする場合は、ctrl + shift + D で可能です)
Select where new “Bookmark All Tabs…” folders will be added:
ブックマークメニュー」に切り替えます。

Add new “Bookmark All Tabs…” folders to the top of the selected folder
※これを有効にすると、ブックマークが一覧の上部に追加されます。
無効にすると、従来のように一覧の下部に追加されます。
 ↑不具合なのか、有効・無効にかかわらず下部に追加されます。

 

ブックマーク先のデフォルト設定を変えたいという人は使ってみてください。