近い将来に富士山が噴火する可能性あり! そのときどうする?




富士山が最後に噴火したのは1707年の宝永大噴火です。それ以来、およそ300年のあいだ噴火は起きていません。

富士山が噴火すると言われてもピンとこないかもしれません。前回が江戸時代の話なので仕方のないことです。

毎年20万人以上が富士山の登山に訪れます。それだけ安全だというイメージを持たれています。しかし登山の最中に富士山が突然噴火する可能性は十分にあるのです。

 

富士山は活火山

富士山は長いあいだ噴火していないので大人しい山だというイメージを持たれています。

しかし実際は活火山です。過去にはたびたび噴火を起こしています。

記録に残っている781年(天応元年)の噴火以来、富士山は何度も噴火を起こしています。1世紀のあいだに2、3回の噴火が起きていることは珍しくありません。

現在のように300年ものあいだ噴火が起きていないというのは珍しいケースなのです。

 

富士山の噴火は巨大地震と連動している

富士山はしばしば巨大地震の前後の期間に噴火を起こしています。そのため巨大地震との関連性が指摘されています。

地震 噴火
869 貞観地震 866 貞観大噴火
1096 永長地震 1083 永保噴火
1498 明応地震 1511 永世噴火
1707 宝永地震 1707 宝永大噴火
2011 東日本大震災 ???

記録にある4回の噴火が地震と連動していたと考えられています。

地震と連動するといっても地震発生から短期間に噴火が起きるとは限りません。10年以上たってから噴火が起きる場合もあります。

この記事を書いた時点で2019年なので、東日本大震災から8年が経過しています。いまだに富士山の噴火は起きていません。しかしこれから起きる可能性は十分に考えられるのです。

富士山の噴火が起きたら首都圏の交通機関は停止する

噴火が起きるとまず危険なのは火山一帯の噴石や火砕流です。しかし火山から離れていれば安全だとは限りません。広範囲に火山灰が降り積もるからです。

火山灰が降ることでさまざま影響があります。特に交通機関への影響は深刻です。

鉄道は線路に積もった火山灰を取り除くまで運行が停止します。航空機はエンジンが火山灰を吸気して停止する危険があるため飛行不能になります。自動車は道路に積もった火山灰でスリップを起こすため走行できません。

富士山の噴火により首都圏の交通機関はほぼすべてが停止します。

首都圏は大勢の帰宅難民が発生する可能性があります。もし富士山が噴火した場合は即座に帰宅するなどの対応が必要です。

モバイルバッテリー ソーラー チャージャー 大容量 充電器 24000mAh LEDライト付き 4USB出力 ポート 4台同時充電 IPX6防水 携帯充電器 ソーラー充電器 スマートフォン スマホ 充電器 防災 耐衝撃 SOS アウトドア ソーラーチャージャー iPhone / iPad / Android 対応
created by Rinker

火山灰は人体に有害

火山灰はガラス質の微粒子でできています。吸い込んだり身体に付着しないよう対策が必要です。

主な対策

・防塵マスクをつける
火山灰を吸い込むと呼吸器に悪影響があります。気管支を傷つけたり、じん肺のリスクがあります。マスクを着けて吸い込まないようにしましょう。

・ゴーグルつける
火山灰が目に入ると目を傷つけてしまします。ゴーグルをつけるなどして目を保護し灰が付着しないようにしてください。

・コンタクトレンズを外す
コンタクトレンズに火山灰が付着すると目を傷つける原因になります。コンタクトレンズを外してメガネを使用しましょう。

・肌の露出を避ける
火山灰が肌に付着すると炎症を起こしたり傷つける危険があります。長袖や長ズボンを着用して肌を露出しないようにしましょう。

防災セット 一人用 5年保証 【防災士厳選39種44点】防災士が被災者の声から作った 防災グッズ スマホ充電 災害直後3日間を生き抜くセット くまモン 徹底厳選 防災用品 災害 震災 地震 防災リュック 災害対策 中身 男性 女性用 プレゼント 送料無料 Defend Future
created by Rinker

おわりに

富士山は活火山です。現在は沈黙していますがいつか必ず噴火します。

噴火したときのために対策や備えをしておきましょう。