FFFTP 2.0 のインストールとホストの設定方法

ウェブサイト(ホームページ)を作るときには、一般的に有料か無料のレンタルサーバーを借りて使用します。

インターネット上のサーバーにファイルをアップロードするためには、FTPクライアントソフト(FTPソフト)が必要になります。

WordPressの場合は、利用するサーバーによってはソフトウェアをインストールする機能が備わっています。

そういったサーバーでは初めのうちはFTPソフトを使わなくても運用が可能です。

しかし、なにかと必要になる機会があるのでFTPソフトを導入しておくことをお勧めします。

 

この記事では「FFFTP 2.00」の導入とサーバー(ホスト)へ接続するための設定方法を解説します。

 

FFFTPのダウンロード

FFFTP (エフエフエフティーピー) プロジェクト日本語トップページ – OSDN

FFFTP(日本語版) 2.00
動作環境
Windows 10(32bit/64bit), 8.1(32bit/64bit), 8(32bit/64bit), 7(32bit/64bit), Vista(32bit/64bit), XP(32bit), 2000

 

サイトにアクセスして ffftp-2.00.exe をクリックしてインストーラーをダウンロードします。
※32bit版です。

64bit版やzip版(インストーラーなし)を使用する場合は、「ダウンロードファイル一覧」のリンク先からそれそれダウンロードします。

 

インストール方法

ダウンロードした ffftp-2.00.exe を実行してインストーラーを起動します。

 

入力項目はないので「次へ」をクリックします。

 

ここも入力項目はないので「次へ」をクリックします。

 

インストール先のフォルダを指定します。特に理由がなければデフォルトの設定を使用します。
設定が済んだら「次へ」をクリックします。

 

デスクトップ上にショートカットを作成する場合はチェックを入れます。不要ならチェックを外します。

インストールする準備ができたので「次へ」をクリックしてインストールを開始します。

 

インストールが完了したので「完了」をクリックしてインストーラーを終了します。

 

サーバーの設定方法

FFFTPを実行します。

FFFTPが起動すると「接続ダイアログ」のウィンドウが表示されます。
※接続ダイアログは、起動直後に表示しないように設定することができます。

新規ホスト」をクリックします。

 

接続ダイアログを閉じてしまったときは、接続ホストの設定 で再表示させます。

 

ホストの設定」の各項目を入力します。

ホストの設定名:利用しているサーバーの名前など、判別しやすいものを入力します。
ホスト名:サーバーが指定するものを入力します。
ユーザー名:サーバーにログインするためのユーザー名を入力します。
パスワード:サーバーにログインするためのパスワードを入力します。
ローカルの初期フォルダ:必要がある場合には入力します。わからない場合は空白のままにします。
ホストの初期フォルダ:必要がある場合には入力します。わからない場合は空白のままにします。

設定項目の詳細は、使用しているサーバーのサポート情報を参照してください。

サーバーの一例

エックスサーバー
FTPソフトの設定

mixhost
FTPソフトの設定方法

ロリポップ
各種FTPソフトの設定方法

さくらインターネット
【ライト・スタンダード・プレミアム】ファイル転送ソフトの一般的な設定
【ビジネス・マネージド】ファイル転送ソフトの一般的な設定

入力ができたら「OK」をクリックして「接続ダイアログ」に戻ります。

 

接続ダイアログ」のウィンドウでホストを選択して「接続」をクリックします。

 

証明書の確認」のウィンドウが表示された場合は「OK」をクリックします。
※「証明書の確認」が表示されるのは初回の接続のみなので、次回からは表示されません。

 

はい」をクリックします。

これでサーバーにアクセスができるようになりました。