SSDとHDDを併用しているならプロファイルを移動しよう(Firefox編)

このようなドライブ構成でFirefoxを使っている人におすすめです。

例)
Cドライブ:SSD
Dドライブ:HDD

SSDはウェアレベリングされているので、書き込み回数には神経質にならなくてもいい、という意見もあります。

SSDに使われているフラッシュメモリは、書き換え可能回数が1000回(TLCの場合)です。
決して多いとは言えません。

Firefoxのプロファイル内では、頻繁にファイルの書き込みが行われています。

SSDのドライブに頻繁に書き込みが行われるのは、デメリットでしかありません。

できることならHDDに移動させたほうがいいですね。

 

プロファイルの場所の変更方法

※Windowsの場合です。

1. Firefoxを終了しておきます。

2. プロファイルをDドライブにコピーする。
【プロファイルの場所】
C:\users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles

ここにランダム名の xxxxxxxx.default というフォルダがあるので、フォルダごとDドライブにコピーします。

3. コピーをしたら、フォルダ名を Firefox_Profiles などのわかりやすい名前に変更します。

4. profiles.iniの記述を変える。

【profiles.iniの場所】
C:\users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox

オリジナルの profiles.ini は、念のために profiles.bak などの名前でバックアップをとっておきます。

Firefoxのバージョンにより微妙に内容が違う場合がありますが、変える箇所は2箇所です。これをメモ帳などで書き換えます。

変更前

[General] StartWithLastProfile=1[Profile0] Name=default
IsRelative=11を0に変更
Path=Profiles/xxxxxxxx.defaultPath=D:\Firefox_Profilesに変更

変更後

[General] StartWithLastProfile=1[Profile0] Name=default
IsRelative=0
Path=D:\Firefox_Profiles

これでFirefoxを起動すれば、新しく設定したプロファイルが読み込まれます。