【ボタン電池】GPA76ってなに?

個人的にカシオの関数電卓を使っているんですが、電池の持ちが半端ないです。買ってから10年以上たつのにまだ動く。もしかして永久に使えるんじゃないかと錯覚してしまうほどです。カシオの底力を見た気がしました。

ところが、ついに電池が切れました。自然放電もあるはずなのに、よくここまで持ったと感心します。

ともかく、電池の交換が必要です。カバーは小さなネジでとめられているので、精密ドライバーで開けます。中にはボタン電池がふたつ入っていました。電池はやや錆びている部分がありますが、液漏れはしていなかったので一安心。

では、電池の種類を確認します。……GPA76? 見慣れたサイズのボタン電池ですが、聞き覚えがありません。わからないので、googleで検索しよう。こういうとき、つくづくネットがあってよかったと思います。

検索すると、どうやらGPA76はLR44と互換品らしい。なるほどね。というわけで、次の日にダイソーへ買いに行きます。100円なので、容量は少なめかもしれないけど、まあ気にしない。すると、三菱ブランドのLR44が売られています。なんでこんなところに三菱が? と思いながら、ちょっと得した気分です。もちろんそれを買いましたよ。

では、取りつけます。当然ですが、問題なくできました。

処分に困る電池

電池の処分って、けっこう困りますね。

以前、使用済みの電池がたまってきたので、「そういえば、図書館で回収してたな」と思い出したので、持っていきました。ところが、ボタン電池やニッケル水素電池は回収不可となっていたんです。

どうやら、地元の自治体は、ボタン電池と二次電池の回収をしていなかったようです。

回収している店に持っていく

一般社団法人電池工業会

http://www.botankaishu.jp/srch/srch10.php

このサイトでは全国の回収協力店を検索できます。しかし、回収しているはずの店で、実際はしていなかったりします。情報が古いんだろうか、なんかあいまいですね。もうちょっと積極的に回収してもらいたいものです。今度、回収してくれそうな電機店にでも持っていこうと思います。