[水虫薬] ラミシールってすぐに使い切ってしまうよね、と思っている人へ

水虫の治療にラミシール(水虫薬)を使ったことがあるかもしれません。

ラミシールAT液の容量が10gです。

狭い範囲に使用するならそれほどでもないのですが、広範囲に使おうとするとすぐに使い切ってしまいます。

もっと量を増やせないのでしょうか。

有効成分を見ると、「テルビナフィン塩酸塩」と表記されています。

テルビナフィン塩酸塩は抗真菌薬の一種です。

テルビナフィン
日本国内では1993年7月にアリルアミン系抗真菌薬としてはじめてラミシールという商品名でクリーム剤が承認され、1997年7月には錠剤が承認された。さらに2004年には一般用医薬品として第一三共ヘルスケア(当時の三共)から「ラミシールAT」として発売され、大ヒットした。しかし、2007年1月からは製造元のノバルティスファーマに商標を返還、ノバルティスのOTC部門日本進出における旗頭となった。また、同年には小林製薬が「タムシール」(販売終了済)、ロート製薬の「メンソレータムエクシブ」などに同成分を配合、2008年からは大正製薬が「ダマリングランデ」を発売している。

Wikipediaを見ると、ラミシール以外にもテルビナフィン塩酸塩が使用された水虫薬があるということがわかります。

有効成分が同じなら同様の効果が期待できるはず。

厳密には他の添加物によってかゆみを抑える効果などに違いがあります。
水虫を治療するという目的のみを考えると、ラミシールにこだわる必要はありません。

できれば量の多い方がいいですね。

というわけで、有効成分がテルビナフィン塩酸塩の水虫薬を比べてみました。

 

液体タイプ

名称 内容量 100g中の有効成分 価格 メーカー
ラミシールAT液 10g 1g 891円 GSKジャパン
ラミシールプラス液 10g 1g 1280円 GSKジャパン
エクシブ W液 14ml 1g 1239円 ロート製薬
エクシブ Wきわケアジェル 15g 1g 1214円 ロート製薬
ダマリングランデX液 15g 1g 1339円 大正製薬
テルバインEX液 30ml 1g 1080円 中外医薬生産

 

クリームタイプ

名称 内容量 100g中の有効成分 価格 メーカー
ラミシールATクリーム 10g 1g 891円 GSKジャパン
ラミシールプラスクリーム 10g 1g 1280円 GSKジャパン
エクシブ Wクリーム 15g 1g 1382円 ロート製薬
エクシブ Wディープ10クリーム 35g 1g 1269円 ロート製薬
ダマリングランデXクリーム 15g 1g 1249円 大正製薬
テルバインEXクリーム 25g 1g 950円 中外医薬生産

 

スプレータイプ

名称 内容量 100g中の有効成分 価格 メーカー
エクシブ Wスプレー 60g 1g 1400円 ロート製薬
ラミシールプラスクリーム 60g 0.4g 1864円 GSKジャパン
エクシブ Wクリーム 90g 0.15g 2138円 ロート製薬

※価格は2018年8月25日のAmazonのものです。

液体タイプとクリームタイプの製品は、内容量100g中の有効成分が1gとなっています。
効果はほぼ同じといっていいでしょう。

比較すると、「テルバインEX液」と「エクシブ Wディープ10クリーム」が価格のわりに内容量が多いことがわかります。

水虫薬を購入するときに参考にしてみてください。