WordPressをSQLliteから移行するのは意外と簡単

このサイトは開設時から「さくらインターネット」の「ライトプラン」で運営していました。

ライトプランでは通常はWordPressが使えません。MySQLが未対応だからです。

そこで、ライトプランでもWordPressが動くようにするために、プラグインの「SQLite Integration」を使っていました。

しかし、アクセス増を目指すならこの方法は勧められません。
高負荷に耐えられるサービスに移行する必要があります。

この際だからと、速いと評判のmixhostに移転することにしました。

移転のためにはSQLliteで運用していたデータを移行する必要があります。

しかし、SQLliteを使っていると、正常に動作しないプラグインがあるのです。

そこで、プラグインを利用したバックアップではなく、手動で行うことにしました。
その方法を書いていこうと思います。

 

mixhostの利用申請

mixhost

mixhostは10日間の試用ができます。
※試用期間内に本契約をすると、その時点で試用期間は終了します。

サイトに表示されている各プランの「お申込み」のリンクから申請します。

 

移行準備

WordPressのデータのエクスポート

現在、SQLliteで運営しているサイトからデータをバックアップします。

バックアップをする前に、サイトを公開停止状態にします。

WordPressの管理画面から、プラグインの「WP Maintenance Mode」をインストールして有効化します。

設定WP Maintenance Mode有効化 のチェックを入れます。
設定を保存」します。

これでサイトが公開停止になりました。

 

WordPressのデータのエクスポート

WordPressの管理画面から、
ツールエクスポートすべてのコンテンツにチェックを入れます
エクスポートファイルをダウンロード」をクリックします。

wordpress.20xx-xx-xx.xml
というファイルが作成されるので、PCに保存します。
※xxには日付が入ります。

すべてのコンテンツというわりにはxmlファイルはサイズが小さいです。
画像データが含まれていないので、別途ダウンロードする必要があります。

 

画像ファイルのダウンロード

FTPソフトを使い、サーバー内のWordPressをインストールしたディレクトリにアクセスします。

/wp-content/uploads/ のディレクトリ内にある「すべてのファイル」をフォルダごとダウンロードします。

※FTPソフトを使わなくても、ダウンロードができるなら手段はなんでも構いません。

これでデータの準備はできました。

 

mixhostの準備

独自ドメインの設定

独自ドメインを使用している場合は、ドメインの登録情報をmixhostのネームサーバーに変更します。

※変更方法は利用しているサービスにより変わります。

スタードメインの場合

2つのネームサーバーを登録します。
ネームサーバー 1: ns1.mixhost.jp
ネームサーバー 2: ns2.mixhost.jp

 

mixhostに独自ドメインを登録

mixhostのcPanelにログインします。

ドメイン」の項目「アドオン ドメイン」をクリックします。

 

新しいドメイン名」に、使用する独自ドメインを入力して、「ドメインの追加」をクリックします。

ドメインの設定は以上です。

 

mixhostにWordPressをインストール

こちらの記事を参照してください。

mixhostにWordPressをインストールする方法

 

バックアップしたデータをWordPressにインポートする

サイトを停止状態にする

mixhostに作ったWordPressのサイトが初期状態のまま公開されています。
移行が済むまで停止しておきます。

WordPressの管理画面から、プラグインの「WP Maintenance Mode」をインストールして有効化します。

設定WP Maintenance Mode有効化 のチェックを入れます。
設定を保存」します。

 

テーマを変更する

まず、移行する前の最後に使っていたテーマに変更します。
これを怠ると、デフォルトのテーマの独自サイズの画像が大量に作成される場合があります。

 

画像データをアップロード

バックアップしておいた画像ファイルをFTPソフトでサーバーにアップロードします。

/wp-content/uploads/ に、フォルダごと画像をアップロードします。

/wp-content/uploads/2017/
/wp-content/uploads/2018/
ディレクトリ構成がこのようになるようにアップロードします。

※画像ファイルは、ダウンロードしたすべてをアップロードします。
ファイルが抜けていたりする場合は、データベースとの整合性が保てなくなり、記事に画像が表示されないなどの不具合が起きます。

 

データをインポートする

WordPressにログインして管理画面を表示します。

ツールインポートWordPressインポーターの実行

バックアップしておいた、wordpress.20xx-xx-xx.xml を参照して読み込ませます。

サイトにアクセスして、記事が正常に表示されているか確認します。
表示されていればインポートは成功です。

 

アイキャッチ画像や記事内の画像が読み込まれない場合は

手順を間違えている可能性があります。

サーバーへの画像のアップロードが正確に行われていない場合は、データベースに参照されずに画像が読み込まれません。
ディレクトリ構成を見直してください。

 

インポートをやり直す方法

一旦、データベースを初期化する必要があります。

プラグインの「WordPress Database Reset」を使用します。

WordPressの管理画面からインストールして有効化します。

ツールWordPress Database Reset からリセットを行います。
入力フォームに「reset」と入力して、「Reset database」をクリックします。
これでデータベースが初期化されます。

アップロードした画像のディレクトリを見直してから、インポーターの実行をやり直してください。

 

以上で移行は終了です。

 

このあとは、ウィジットの設定やプラグインのインストール、その他の設定をそれぞれ行います。

すべての設定が済んだら、「WP Maintenance Mode」を無効化してサイトを公開状態にします。