【スマートフォン】格安SIMはこんな人におすすめ LIBMOを利用した感想




スマートフォンの利用料金は決して安い金額ではありません。財務省の調査では月額料金が平均でおよそ6000円あるといいます。できることならもっと料金を抑えたいという人もいるのではないでしょうか。

格安SIMが普及しつつあります。参入企業も増えてきています。しかしよくわからないし「格安」という言葉にうさん臭いというイメージを持ってる人が多いのではないでしょうか。

実際はインターネットプロバイダや大手IT企業が運営していたりします。さらに回線はDOCOMOやauを使用しています。不安要素はほとんどありません。

格安SIMがおすすめな人とそうでない人

格安SIMは万人向けではありません。低価格なことには理由があります。メリットとデメリットをよく考慮したうえで利用する必要があります。

格安SIMがおすすめな人

・利用料金を安くしたい。
・日常の携帯・スマホの使用頻度が低めで多くの機能を求めない。
・キャリアサービスを利用しない、キャリアメールがなくてもSMSで足りる。
・スマホのネット利用は検索やウェブサイトを見る程度で通信速度を求めない。
・コンピューターの操作が得意で問題解決能力が高い。他人に教えられなくてもできる。

おすすめしない人

・決済はすべてスマホで行う。
・ドコモメールなどの大手キャリアのサービスを使いたい。
・iD払いやおサイフケータイを使いたい。
・通信速度は速いほうがいい。
・スマホやコンピューターの操作が苦手。
・クレジットカードを持っていない。

※「iD払い・おサイフケータイ」は格安SIMでも機種によっては利用可能です。

格安SIMはこんな人におすすめ

なるべく利用料金を安くしたい

格安SIMの一番のメリットは料金です。月額料金は各社で「月額1500~2000円(3GBプラン)」となっています。大手キャリア(DOCOMO、au)の料金と比べるとだいぶ低い料金設定になっています。ガラケーと比べてもそれほど差がありません。

スマホの利用料金をなるべく抑えたいという人におすすめです。

スマホの使用頻度があまり高くはない

・日常の携帯・スマホの使用頻度が低めで最低限の機能があればいい。
・キャリアメールがなくてもSMSで足りる。
・インターネットは検索をしたりウェブサイトを見る程度なので通信速度を求めない。
・電子決済はあまり使わない。

こういった利用形態なら格安SIMで十分です。使わないサービスのために割高な料金を払う必要はありません。

格安SIMを導入するポイント

料金は2年目以降に注意

月額料金は各社とも大差ありません。なにが違うのかというと「2年目以降」の料金です。

事業者によっては2年目以降で「月額料金が上がる」場合があります。「2年ごとに乗り換える」という利用者でなければ注意が必要です。同じサービスの利用を続けるなら2年目以降も「料金据え置き」の事業者を選ぶのがお得です。

ただし利用者によっては求める付帯サービスが変わるので料金据え置きの事業者が得かどうかは一概には言えません。

かけ放題はあるの?

大手キャリアは定額の通話プランがあります。格安SIMにも同様のプランがあります。

10分かけ放題」や「一定時間(60分)まで定額」といったオプションサービスがあります。料金は「月額600~800円(税抜)」が一般的です。

通話無制限」は各社で採用されているわけではなく現在のところ一部の事業者のみです。大手キャリアのスマホのように必ず利用できるというわけではありません。

利用する際はこういう点もチェックする必要があります。

割引キャンペーンを利用する

契約時に割引キャンペーンを利用できる場合があります。

Amazonなどのネットで販売されている「エントリーパッケージ」や価格.comの「キャンペーン」を利用することで「キャッシュバック」や「割引」を受けることができます。

キャンペーンを利用できるのは基本的に「初めての契約」の場合です。すでに事業者と契約済みの場合は適用外になるので、追加契約やプラン変更などでは使えません。その際は「他社に乗り換え」た方がお得かもしれません。

SIMフリー端末の調達方法

格安SIMを利用するには「SIMフリー端末」を用意する必要があります。方法はいくつかあります。

・事業者が提供する「端末セット」のサービスに申し込む。
・独自にSIMフリー端末を購入する。

以上の2種類があります。

端末セットのサービスに申し込む

事業者が端末とセットのサービスを行っている場合があります。現在はこの形態が増えつつあります。

端末を独自に購入する必要はなくSIMのセットアップも事業者が行ってくれます。端末料金が割引価格になる場合があります。選べる端末が限られているのが難点です。

自分でSIMのセットアップをするのが不安、SIMをセットアップする手間を省きたいという人におすすめです。

独自にSIMフリー端末を購入

端末セットのサービスだと選べる端末が限定されます。自由に機種を選びたいという場合は独自に端末を購入する必要があります。

特に上位モデルの端末を使用したい場合はセット販売が少ないので独自に購入する必要があります。

LIBMOを使った感想

LIBMOはTOKAIグループの事業者です。TOKAIグループはガス事業を行っています。なぜガス会社が通信事業? という気もしますがスマホ事業に参入しています。

LIBMOの格安SIMを利用したので感想を書きます。

LIBMOを選んだ理由

・2年目以降の値上がりがない。
・月額料金が低め。
・価格.comの割引キャンペーンが使える。
・付帯サービスを利用しない。

2年目以降の値上がりがない

事業者によっては利用料金が「2年目以降で値上がり」する場合があります。付帯サービスとの組み合わせで値上がりしないというのもあります。2年ごとに乗り換えないのなら値上がりしない事業者がお得になります。

月額料金

月額料金は3GBプランが1580円(税抜)です。格安ではないけど安めという感じです。あまりに安すぎると品質に不安があるので妥当だと思えます。

割引キャンペーンが使える

割引キャンペーンは重要です。多くの事業者が新規利用者の獲得のためにキャンペーンを展開しています。これを使わない手はありません。

自分はすでにタブレットのためにBIGLOBEのデータSIMを利用していました。BIGLOBEの割引キャンペーンは使えません。そのため他の事業者を検討した結果LIBMOを選びました。

付帯サービスは使わない

他社のサービスでは「エンタメフリー・オプション:BIGLOBEモバイル」でyoutube見放題や「スーパーホーダイ:楽天モバイル」で低速通信が比較的速いといったものがあり人気です。しかし自分の場合は必要ありません。

LIBMOのデータ通信速度はどれくらい?

LIBMOのデータ通信速度はやや遅めだといわれています。

お昼時には通信が集中するため速度が下がります。駅付近のような人が多い場所では明らかに通信速度が低下することがあります。これは格安SIMの宿命です。ひんぱんに人混みで使うというのでなければこの程度は十分に許容範囲内です。

普段の使用感としては速くはないけど遅く感じることはないというレベルです。

格安SIMの速度ランキング
こちらのサイトではLIBMOは27位中16位(2020/2/20)となっています。確かに速くも遅くもないといった順位です。

TLC WAONカードがもらえる

LIBMOと契約すると無料で「TLC WAONカード」がもらえます。TLC会員に申し込むことで「TLCポイント」がたまります。イオンで使用する際はポイントカードとしてではなくお金をチャージして使用します。イオンをよく利用するなら300円の初期費用がかからないのでちょっとお得かもしれません。

おわりに

格安SIMには賛否あります。機能には制限がありますが個人的にはほとんど支障を感じないレベルです。電子決済で「iD払いが使えない」のがやや不便に感じる程度です。

スマホの利用料金を抑えたいという人は格安SIMを検討してみるといいのではないでしょうか。

使用頻度が少ないけどとりあえずスマホを利用しているといった人には確実におすすめだと思います。