ラーメンのスープが余っているときの活用法

未使用のラーメンのスープが余っている。

捨てるのはもったいないですね。

蕎麦やうどんなら麺のみが豊富に売られていますが、ラーメンはあまり見かけません。

スーパーでは生麺がわずかに売られている場合がありますが割高です。

安くて手軽にラーメンの麺がほしいときにはどうすればいいのでしょうか。

 

いい方法があります。

スパゲティを代用するのです。

 

スパゲティ? ちょっと強引では? と思うかもしれません。

確かに、ラーメンはほかの麺類とは違いますね。あの独特の風味はうどんやスパゲティにはないものです。

しかし、あるものを使うことで、簡単にスパゲティをラーメンの風味にすることができます。

それは「重曹」。

重曹はベーキングパウダーにも使用されている物質で、水に溶けるとアルカリ性になります。

ラーメンの麺を製造するときに使用されている「かんすい」は、重曹と同様にアルカリ性です。

かんすいの代わりに重曹を使うことで、スパゲティにラーメンの独特の風味を与えることができるのです。

 

調理方法

必要なもの
※重曹は食品グレードのものを使ってください。

ラーメンのスープ(1食分)
スパゲティ(1食分)
重曹 小さじ1杯
※重曹を多めにすると麺の風味が増えます。

 

スパゲティの茹で方
※必ずステンレス鍋を使用してください。アルミ鍋だと鍋が黒く変色します。

茹で方は基本的に通常のスパゲティを茹でる方法と同じです。

沸騰したお湯に小さじ1杯の重曹を入れ、スパゲティを入れます。

塩を使用する場合は入れてください。

あとは通常のスパゲティと同様に所定の時間茹でるだけです。

ラーメンのスープは別途お湯でといて作ります。
※インスタントラーメンのように煮汁は使いません。

 

味はどうなの?

本当に麺がラーメンの風味になっています。

元がスパゲティなので、食感はつるつるしていて硬めです。

麺が少し伸びているくらいがちょうどいいかもしれません。

本物のラーメンにはかないませんが、代用品としては有効です。

 

かんすいを使わないとどうなるの?

ありふれた食材とは違い、どの家庭にも重曹があるとは限りませんね。

そんな場合には、お湯で茹でただけのスパゲティを使うことも可能です。

ただし、麺がわずかに小麦っぽい風味になります。

ラーメンの独特の風味はありませんが、特にマズくなるということはありません。

 

ラーメンのスープが余っているという場合には試してみてはどうでしょうか。