意外と知られていない? スクリーンショットの撮り方(Windows版)

スクリーンショットとはパソコンのモニタに表示されているものを撮影する機能のことです。

スマホにもスクリーンショットの機能があるので、馴染みのある方が多いと思います。

スクリーンショットは画像として保存したり、アプリケーションソフトのドキュメント上に貼るといった用途に使うことができます。

スクリーンショットの撮り方

スクリーンショットは「画面全体」を撮る方法と「アクティブウィンドウ(選択されているウィンドウ)」を撮る方法があります。

 

画面全体を撮る方法

通常のスクリーンショットは画面全体が記録されます。

キーボードの「Print Screen」(キーボードによっては「Prt Sc」)キーを押します。一般的にはファンクションキー(F1~F12)の右側に配置されています。

 

アクティブウィンドウを撮る方法

画面全体を撮る必要がなく、「アクティブウィンドウ」のみが必要な場合です。

キーボードの「Alt」キーを押しながら、「Print Screen」(キーボードによっては「Prt Sc」)キーを押します。

 

以上でスクリーンショットを撮ることができました。

しかしこの状態ではクリップボードに記録されているだけなので、なんらかの手段で出力する必要があります。

 

スクリーンショットの出力方法

スクリーンショットを出力する方法は主に2種類あります。

1. 「Microsoft Word」や「Microsoft Excel」のようなソフトのドキュメント上に貼り付ける方法。フォトショップのようなグラフィックソフトも同様です。

2. 画像ファイルとしてドライブ上に保存する方法。

注意点
出力する際には、クリップボードにスクリーンショットのデータが存在する必要があります。

WordやExcelを使用している際には、作業中にクリップボードの内容がテキストデータに置き換わっている場合があります。そのときにはスクリーンショットを撮り直す必要があります。

 

WordやExcelに貼り付ける方法

WordやExcelを起動して、ドキュメント上で 右クリック貼り付け を選択。またはキーボードから「Ctrl + V」を入力してペーストします。

 

画像として保存する方法

グラフィックソフトまたはクリップボードの画像を保存できるソフトを使用します。

Windowsの場合は標準でインストールされている「ペイント」が使用できます。
※ペイントは「スタートメニュー」の「アクセサリの」中にあります。

 

ペイントを起動して、「貼り付け」をクリック、またはキーボードから「Ctrl + V」を入力してペーストします。

 

余白ができている場合は「トリミング」をクリックして削除します。
※余白がある状態で画像ファイルとして保存すると、余白がついた状態の画像になります。

 

余白が削除されました。

 

画像ファイルとして保存するには、左上のアイコンをクリックして「ファイルメニュー」を開きます。

名前をつけて保存画像形式を選択 します。

画像の色数が少ない場合は「PNG」か「GIF」、色数が多い場合は「JPEG」を選択します。

 

保存先のフォルダ」を選択し、「ファイル名」を入力して「保存」をクリックします。

以上でスクリーンショットが画像ファイルとして保存されました。

 

別のスクリーンショットを保存する場合には、「ファイルメニュー」から「新規」を選択して新しいキャンバスを作成します。