Google AdSenseにプライバシーポリシーは必須




Google AdSense でサイトに広告を表示する際には「プライバシーポリシー」を設置する必要があります。Googleのヘルプには「プライバシーポリシー」が必須コンテンツと記載されています。

アマゾン・アソシエイトを利用する場合でも同様です。

必須コンテンツ

サイトのプライバシー ポリシーについて

第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合、広告の配信時に第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie が使用される可能性があります。その点についても、次の方法でサイトのプライバシー ポリシーに明示してください。

第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告がサイトに掲載されることを明記します。
対象となる第三者配信事業者や広告ネットワークの適切なウェブサイトへのリンクを掲載します。
これらのウェブサイトにアクセスすれば、パーソナライズド広告の掲載で使用される Cookie を無効にできることをユーザーに明示します(配信事業者や広告ネットワークがこの機能を提供している場合)。または、www.aboutads.info にアクセスすれば、第三者配信事業者がパーソナライズド広告の掲載で使用する Cookie を無効にできることを知らせます。

プライバシーポリシーを設置しないでサイトを運営していると規約違反になります。なんらかのペナルティを受ける可能性もあります。そうならないためにも必ず作成しておきましょう。

プライバシーポリシーを作成する方法

一般人にプライバシーポリシーを作れと言われても簡単にできるものではありません。なにを書いていいのかわからず途方に暮れてしまいます。

しかしありがたいことに、プライバシーポリシーのテンプレートを公開しているサイトがあるので、使わせていただくことにしました。

【コピペOK】アドセンスに必須!「プライバシーポリシー」の解説・テンプレート

テンプレートはわかりやすい文章で書かれています。規約へのリンクなどが丁寧に記載されているので、確認したい場合は簡単にできるようになっています。タグも記入されているのでテキストをコピペするだけで非常に簡単に使用することができます。

プライバシーポリシーを固定ページに設置する方法

プライバシーポリシーは一般の記事ではなく固定ページに作成します。

WordPressのダッシュボードを開き、固定ページ新規追加 を選択します。

*説明はWordPressの旧エディタを使用しています。

タイトルに「プライバシーポリシー」と入力します。

パーマリンクはサイトにより適切なものを入力します。英単語を使用する場合は「privacy-policy」と入力します。

編集モードをテキストに切り替えプライバシーポリシーのテンプレートをペーストします。

公開をクリックして記事の作成を終了します。

サイトに公開する

固定ページが作成されましたが、このままでは孤立したページとして存在しているだけです。サイト上にリンクを設置する必要があります。

プライバシーポリシーはヘッダー(ページ最上部)かフッター(ページ最下部)にリンクが設置されていることが多いようです。サイドバーに設置されているサイトもあります。いずれかに設定しておきましょう。