【Windows】SoftPerfect RAM Diskでパソコンを高速化しよう




パソコンのメモリはどれくらい搭載していますか。Windows10を快適に使うなら8GBは欲しいですね。現在のミドルスペックのパソコンはメモリを8GBを搭載したものが多いようです。それくらいあればストレスを感じることはまずないでしょう。

パソコンに搭載したメモリが多いほど操作が快適になりますが、全ての容量を活用する機会は少ないのではないでしょうか。せっかくなら有効利用したいですね。そのひとつの方法がメモリの一部をRAMディクスに設定して使用することです。

RAMディスクはパソコンのドライブのように使用できます。RAMディスクを使用することで特別なコストをかけずにパソコンを高速化することが可能になります。

RAMディスクのメリットとデメリット

※この記事では「ソフトウエア方式」のRAMディスクについて扱います。

RAMディスクのメリット

アクセスが高速
パソコンのメインメモリはHDDやSSDと比べてはるかに高速なアクセスができます。RAMディスクはメインメモリを利用するので、そこに記録されたファイルには高速なアクセスが可能です。

 

HDDやSSDの消耗が減り寿命が長くなる
HDDやSSDは読み書きをするほど消耗していきます。一時ファイルのような頻繁にドライブへアクセスするファイルをRAMディスクに設定することで、HDDやSSDへの負担を減らすことができます。これによりドライブの消耗が減り寿命が長くなります。

 

RAMディスクのデメリット

電源を切るとデータが消える
パソコンの電源を切ったり再起動をするとRAMディスクの内容は消えます。重要なデータを保存するような用途には適していません。
※ソフトによっては消えないように設定することが可能です。

メインメモリの容量が減る
RAMディスクはパソコンのメインメモリの一部を使用します。大容量のRAMディスクを使用するほどメインメモリを消費します。そのためRAMディスクとして使用できる容量は限られます。

 

使用するソフト

RAMディスクを利用するためのソフトはいくつかありますが、そのひとつが「SoftPerfect RAM Disk」です。簡単な設定でRAMディスクを使うことができます。

最新のバージョン4は有料化されていますが、旧バージョンを使うことで無料で利用できます。
対応OS:Windows XP/Vista/7/8/8.1/10, Windows Server 2003/2008/2012/2016

SoftPerfect RAM Disk のインストール方法

フリーソフト100のサイトから「SoftPerfect RAM Disk 3.4.8」のインストーラーをダウンロードします。

ダウンロードした「ramdisk_setup.exe」を実行します。

 

セキュリティの警告メッセージが表示された場合は、そのままインストールをクリックします。
※表示はWindows7の場合です。

 

インストーラーが起動したウィンドウです。
入力項目はないので「Next」をクリックします。

 

I accept the agreement(同意)」を選択して「Next」をクリックします。

 

インストール先を指定します。変更の必要がないときはこのまま「Next」をクリックします。

 

スタートメニューの設定をします。そのままでいい場合は「Next」をクリックします。

 

インストールの準備ができたので「Install」をクリックします。

 

インストールが終了しました。
このままソフトを起動する場合は、チェックボックスにチェックを入れた状態で「Finish」をクリックします。

 

ソフトが起動するとタスクバーに常駐します。
※表示はタスクバーにアイコンを表示する設定にした状態です。

 

SoftPerfect RAM Disk の基本的な使用方法

RAMディスクのドライブの作成方法

タスクバーのアイコンをクリックして「RAMディスクマネージャー」を起動します。

」のアイコンをクリックするか、
RAMディスク起動時にマウントされるRAMディスクの追加 を実行します。

 

容量:メモリを圧迫しない範囲で設定します。
例)
メモリ4GB:300(MB)
メモリ8GB:500~1000(MB)

ドライブ名:何でも構いませんが、使われる機会のないドライブ後方(アルファベットの末の方)を使用することを推奨します。
例)x,y,z

ファイルシステム:NTFSを設定します。

入力したら「OK」をクリックします。

 

この場合は、Zドライブに1000MB(1GB)のNTFSフォーマットされたRAMディスクが作成されています。

複数のRAMディスクを作る場合は一連の操作をくり返します。

 

作成したRAMディスクの削除方法

RAMディスクが不要になった場合には削除します。

一覧から削除するRAMディスクを選択して、「×」のアイコンをクリックします。

または、RAMディスクRAMディスク一覧から削除 を実行します。

 

エラメッセージが表示された場合は、ファイルが存在するなどドライブが使用されています。

強制的にRAMディクスを削除する場合はOKをクリックします。

 

RAMディスクをアンマウント(使用不可に)する方法

RAMディスクを削除せずに使用不可にしたい場合はアンマウントします。

一覧からRAMディクスを選択します。

右クリックして「選択したRAMディスクをアンマウント」を実行します。

または、RAMディスク選択されたたRAMディスクをアンマウント を実行します。

 

アンマウントしたRAMディスクをマウント(使用可能に)する方法

一覧からRAMディクスを選択します。

右クリックして、「選択したRAMディスクをマウント」を実行します。

または、RAMディスク選択されたRAMディスクをマウント を実行します。

 

RAMディスクの設定を変更する方法

RAMディクスの容量やドライブレターを変更する場合は、

一覧からRAMディスクを選択右クリックプロパティ を選択します。

RAMディクスの追加/編集」のウィンドウが開くので設定を変更します。