本当のコミュ症とは

コミュ症ってなんだろう? 多くの人は、「口下手」、「他人と会話をしたり関わるのが苦手」、「一人でいるのを好む」、そんな人をイメージするのではないでしょうか。

確かに、そういう人とはコミュニケーションが取りづらいという部分はあるでしょう。話をしても会話が続かない、そもそも話すことすらない、などなど。

ですが、実際にはもっと深刻なコミュ症があるのです。本当のコミュ症です。

例えば赤ん坊。育児経験のある方ならおわかりでしょう、真夜中だろうがなんだろうが突然ギャーギャーと泣き出します。そこで母親は叩き起こされます。そんなときには、ひたすらあやすしかありません。そこで、「夜中だから静かにしましょうねー」なんて言ったところで聞きやしません。

そうです、これがまさにコミュ症なのです。別に赤ん坊がコミュ症と言いたいわけではありません。コミュ症がどんな状態なのかという例です。

赤ん坊なら、そういうものだと認識されていますし、可愛げがあるので許されます。

それでは、許されない状態とは? それは大人です。

ことあるごとに大声を張り上げてひたすら自己主張ばかりする人、あなたの周りにいませんか?

会話中に、相手の話をさえぎって自分の話を始める人、いませんか?

そういう相手とは会話が成立しないし、意思の疎通が困難です。泣きわめく赤ん坊と同じです。

特に、話し好きな人にそういう傾向があります。気がつくと、自分だけペラペラと話をしていて、相手は聞いているだけ。なかには、それにすら気づかずに話し続ける人もいます。当然、相手は白けています。

もちろん、話し好きな人がすべてそうだと言いたいわけではありません。芸能人のように、会話を楽しく弾ませられる人は大勢います。そこは、はっきりと区別する必要があります。

では、本当のコミュ症の人はどうすればいい? 簡単です。会話をするときには相手の話を聞きましょう。それができればコミュ症ではありません。

現在、自分がコミュ症だと思っている人も、特に悩む必要はありません。人の話を聞くことができれば、コミュ症ではないのですから。