夏の臭う服には酸素系漂白剤を使え!

暑い季節になると気になるのが汗の臭い。

いつのまにか服が嫌な臭いを発していることも……。

汗をエサにして雑菌が繁殖した結果、臭いの元を発生させているのです。

衣類をしっかり洗濯をしていれば大丈夫だと思うかもしれません。

しかし、洗濯機で洗濯をした程度では完全に除菌することはできません。

臭いが消えて清潔になっているようで雑菌が残っているのです。

そして雑菌が臭いの元を発生させるというくり返しが起きます。

下着には大量の雑菌がついている

特に下着には大量の雑菌が繁殖しているという。

当然、洗濯機で洗濯をしても雑菌は残っています。

なるべくなら衛生的な下着を着けていたいものです。

簡単に衣類を除菌する方法

服を除菌する一つの方法は、漂白することです。

漂白なんてしたら服が色落ちしてしまうのではないか! と思うかもしれません。

確かに、塩素系漂白剤の場合は色落ちしてしまいます。

塩素系漂白剤が使えるのは真白いシャツや下着程度でしょう。

しかし、酸素系漂白剤ならば基本的に色落ちの心配はありません。

 

酸素系漂白剤の使い方

初めに、酸素系漂白剤が使えないものを確認しておく必要があります。

酸素系漂白剤は、動物性の素材ステンレス以外の金属には使えません。

酸素系漂白剤が使えない素材
・ウール
・絹
・レーヨン
・ステンレス以外の金属
・金属製の染料が使われた繊維

これらの素材が使われている衣類は使用を避けてください。
特にファスナーには金属が使われている場合が多いので注意が必要です。

使用法

※用量は製品に記載されている量に従ってください。

酸素系漂白剤は水温が低いと漂白効果が発揮されません。
30~50度のお湯を使用します。

衣類を適当な容器に入れ、お湯と酸素系漂白剤を入れます。

15~30分間浸けます。お湯が冷めないように蓋をすると水温が持続しやすくなります。

漂白が終わったら漂白剤を洗い流します。

 

酸素系漂白剤はスーパーやドラッグストアでは売られていないかもしれません。

そういう場合はネットで購入するといいです。