教えて君は決して悪いことではない

いわゆる、教えて君。そういう人は嫌がられる傾向がありますね。調べればわかるようなことを調べない、そもそも調べ方を知らない。

でも、教えて君は本当に悪いことなんでしょうか。

重要なのは、教えて君かどうかではなく、その人に学ぶ意志があるかどうかです。

学ぶ意志のない人間は、教えて君にすらなりません。そういう人間は、依存心丸出しで「やってくれ」と言い出すのです。どんな些細なことでも覚えようとしません。永久に進歩のない人たち。

確かに、教えて君で依存心の強い人にはいくら教えてもキリがありません。そういう人たちは「やってくれ」な人たちに分類されるので、無視するのがいいでしょう。


学ぶ意志のある教えて君に対しては

教えて君を嫌う人は、なにかを奪われる気分になるのではないでしょうか。自分が必死に覚えたことを、どうして他人に教えてやらねばならないのだ、と。

実際は、教えてもなにも奪われません。むしろ与えれば、多くの人は恩義を感じます。これを返報性の原理と言います。なにも与えない人は、なにも返ってきません。ゼロの状態なんです。この方がかえって損をしています。

さらに困ったことに、そいう人達は、なにもしないどころか教えて君の妨害を始めます。横槍を入れたり、やる気を削ぐようなことを言います。これなら、いないほうがマシですね。

人間の知識の99.9%は他人から与えられたものです。学校で教わったことも、本やネットで学んだことも、すでに誰かが知っていること。そんな知識を後生大事に守るメリットはありません。それに、もし本当にオリジナルの知識や情報を持っていたら、いまごろその人は、それで大儲けをしていることでしょう。

教えて君がウザいと思うなら教えてあげましょう。学ぶ意志のある教えて君は、やがて自分から進んで学ぶようになります。そこまで背中を押してあげれば、教えて君は自然といなくなるのです。