USBコネクタの簡単な見分けかた

古いデジカメだと、取り込みソフトがOSに対応していなかったりするので、カードリーダーが必要になります。また、OSが対応していても、ソフトのインストールが手間なので、カードリーダーがあれば便利です。

僕はPCへのメモリーカードの読み込みにTranscendのTS-RDF8Kを使っています。

RDF8はUSB3.0対応で、対応メディアは『CF、SDHC/SDXC、microSD、MS PRO/XC/MS DUO』と、とても豊富です。

付属のUSBケーブルが短いので、延長ケーブルがあると便利です。


デジカメのデータをPCに移そうと思い、延長ケーブルを使ってカードリーダーをPCに接続しました。すると、……おかしい、認識されません。

仕方がないので、再起動してから接続。すると、認識されました。でも、接続し直すと認識されないなど、不安定です。

らちがあかないので、延長ケーブルを外して直接PCにつなげます。すると、問題なく認識されました。

とりあえず目的は達成したんですが、釈然としません。どうしてだろう、延長ケーブルが断線しているんだろうか。試しに延長ケーブルにUSBメモリを挿してPCに接続すると、ちゃんと認識されます。

どうして? そこで、ケーブルのコネクタをよく見てみると、USB2.0のロゴが!

PC(USB3.0

延長ケーブル(USB2.0

カードリーダー(USB3.0

接続がこうなっていました。これがトラブルの原因だったんですね。

USB2.0と3.0の見分け方

一見、USBケーブルはどれも同じように見えますが、ロゴで見分けることができます

usb_logo

通常、コネクタの部分には、このロゴが表記されています。これにより、判別が可能になっています。また、USB3.0は、コネクタ内部のプラスチックが青になっているので、わかりやすいです。