Windows初心者に必須のショートカットキーはコレ




パソコンを操作しているとたびたび同じ操作をくり返します。

特に多いのは「コピー」や「ペースト」です。「コピー・アンド・ペースト」や「コピペ」などとも言います。

ツールバーやコンテキストメニューから操作することは可能です。一度や二度ならそれでも構いません。しかし何度もメニュー画面を開くのは非効率的です。ショートカットキーを使用することで効率よく操作を行うことができます。

この記事ではショートカットキーの中でも基本的なものについて取り上げます。

ショートカットキーの使い方

ショートカットは基本的にキーボードの「Ctrl」と「アルファベットキー」を組み合わせて使用します。
※「shift」や「Alt」キーとの組み合わせもあります。

キーボードの「Ctrl」キーを押しながら「アルファベットキー」を押すと機能が実行されます。
※アルファベットキー以外を使用する場合もあります。

コピー」や「ペースト」の場合はテキストや画像の範囲を選択してショートカットを実行します。スマホにも同様の操作があるのでわかりやすいと思います。

 

必ず覚えるショートカット

OS(Windows)をはじめ、あらゆるアプリケーションで共通のショートカットです。必ず覚えましょう。使用することで大幅に効率アップします。

コピー C
カット X
ペースト V
アンドゥ(取り消し) Z
保存 S

アプリケーションによっては一定時間ごとに自動でデータを保存する機能があります。しかしすべてのアプリケーションに機能が搭載されているわけではありません。データの保存は「Ctrl+S」で習慣的に行いましょう。

 

なるべく使うことで効率アップするショートカット

使用頻度はそれほど高くはありませんが覚えておくと便利なショートカットです。

全選択 A
リドゥ(やり直し) Y

リドゥ」は「アンドゥ(取り消し)」を取り消す機能です。取り消しをやりすぎてしまった場合などに使用します。
※リドゥ「Y」のキーはアプリケーションによって変わる場合があります。

 

使用頻度は低いが便利なショートカット

検索 F

検索は主にテキストデータに対して使用します。ウェブブラウザでページ内を検索したり、文章の中の文字を検索するのに使用します。