【不具合の原因】無線のマウスやキーボードSUB3.0で使用してはいけない

無線のマウスやキーボードを使用していて誤動作したり接続が途切れるなどの不具合が起きることがあります。機器が故障しているわけでもないに動作が不安定です。

USBポートにレシーバーを取り付けるタイプの機器でこういった不具合が発生することがあります。

USB3.0はノイズの発生源

不具合の原因はUSB3.0です。

無線式のデバイスをUSB3.0のポートに接続していると動作が不安定になるなどの不具合が起きやすくなります。USB3.0から発生する高周波のノイズが無線の電波と干渉しているからです。電子レンジでWi-Fiの電波が乱れるのと同じ原理です。

無線のマウスやキーボードとは別にUSB3.0の機器を使用するだけでもノイズ発生の原因になります。USB3.0は転送速度が高く便利ですが意外な落とし穴があるのです。

無線機器はUSB2.0のポートを使用する

無線のマウスやキーボードを利用する際は基本的にUSB2.0のポートを使用してください。

同時にUSB3.0の機器を使用する場合はレシーバーと距離を取るようにすると効果的です。物理的に離れていればそれだけノイズの影響を受けづらくなります。

おわりに

USB3.0が原因のトラブルは結構重大な問題ですがあまり知られていません。不具合に遭遇して初めて知ったという人も多いのではないでしょうか。

パソコンで無線のマウスやキーボードを使用する際はなるべくUSB2.0のポートを使用することとおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です